ダメな人になってしまった私はどうやってお金を稼ぐのか

並べた10000円札 私の話

求人探して働きゃいい。
ハイ終了。

しかし私にはそれができない理由がありまして。

 

 

破滅へのカウントダウン

現在無職、貯金で生活をしています。
残高は400万ちょっと。

2019年12月の貯金残高

そろそろ底が見えてきました。
月15万の生活で猶予は2年。
カウントダウンが始まっています。

なんとか生き延びねば。

 

 

働けない事情

私は過去に脳卒中を起こしており脳に穴が開いています。
幸いなことに大きな後遺症はなく、障害者手帳をもらうほどではありません。

ただ些細な後遺症が足を引っ張っています。

コミュニケーションが苦手

正確な判断を瞬時に行うことが苦手に。
会話で話題が少しずれたことを口にしていることが多いのです。
時間差で間違いに気づいて深く反省。
軽い高次脳機能障害なのでしょう。

 

手先が不器用

ごく軽い麻痺ですが細かい指先の作業が苦手に。
PCのタイピングも苦手。
そして字が汚い。

 

ときどきダウンする

突然数日から数ヶ月の間、脱力&無気力で動けなくなるように。
症状は自律神経失調症ですが栄養失調とも診断されています。
脳か内臓のどこかが壊れているようです。

 

脳卒中の再発防止

再発したらもう生きてはいけないと思います。
昔のような無茶はできません。
暑い寒い環境に身を置くことも怖いです。

 

加えると、

老眼

私もとうとう始まってしまいました。
細かい文字はダメ。
特に夜はまるでダメ。

 

 

そんな求人ねぇよ!

コミュニケーションが苦手 → 一人でできる仕事/会話のない仕事
手先が不器用 → 細かい作業でない仕事/文字を書かない仕事
ときどきダウンする → 働けるときだけ働く仕事/短期アルバイト
老眼 → 目を酷使しない仕事/日中の仕事
脳卒中の再発防止 → 体を酷使しない仕事

 

そんな都合の良い仕事あるんかーーい!

自らツッコミを入れたくなります。
加えて職探しには50代という年齢がもう絶望的です。

 

 

じゃあどうする?

できないことを並べてもラチがあきません。
できること、得意なことで考えてみましょう。

機械工学の出身ではありますが根っからの理系なのでPCやネットは得意です。
プログラム言語も少しなら分かります。
今は職を求めるのではなく、そちら方面を鍛え直して自分で稼ぐのが正解のように考えています。

文章も時間をかけて何度も見直せばこの通り書けますし。
コミュニケーションもネット越しなら自分のペースでできるでしょう。

結論はWebプログラミングとライティング。

よし決まった。
GoGo!

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

私の話
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より