今日の貧乏食(2022/03/11)

手羽中唐揚げ貧乏食

ランニングを夜に変更してみました。
いつもの野球グラウンドは真っ暗なので市街地走に。
地元の繁華街を探索してみると営業しているのは半分程度ですね。
まだ完全復帰はしていないようです。
まん延(略)解除後にどう変化するのか見ものです。

と思ったら駅前のパン屋さんがこのタイミングで閉店とな。
あー堪えきれなかったか。
ウクライナ絡みで小麦価格が高騰してることも原因だろうな。
残念。

 

 

朝食

 

煮物と納豆

煮物と納豆

ワンパターンながら悪くない朝食。

 

昼食

かき揚げそば

かき揚げそば

昨日のリベンジで生麺xスーパーのかき揚げ。
惜しい。
駅そばのジャンクさが足りない。

 

シベリア

シベリア

しっとりしたカステラに羊羹。
しかし名前はシベリアという謎の洋菓子。
お茶とよく合うので和菓子でいいのでは。

 

夕食

手羽中唐揚げ

手羽中唐揚げ

夜の配達後に走ると夕食は22時過ぎ。
これからしっかりとした夕食は作れないな。
セブンイレブンの冷凍手羽中唐揚げで乾杯。

 

鯖の照り焼き

鯖の照り焼き

やはり量が足りずに備蓄缶詰出動。

 

 

出前館で大きな動きが。
5月から配達のシステムが一新されるとの予告がありました。
ズバリ一言でいうと「劣化Uber化」

注文と同時に配達員へ通知 → 料理完成に合わせて配達員へ通知
登録エリアのみ稼働できる → エリア分け廃止
オーダーは早押し → 早押し廃止
オーダー配達員に一斉に通知される → 配達員1人に1件通知/受諾しなければ次の人へ
配達員が複数のオーダーを選んで組み立てる → 配達が終わらないと次のオーダーを受けることができない。
条件が合えば複数オーダーの同時配達「ダブル/トリプル」が可能 → 一件づつ配達
※3件オーダーを拒否すると強制オフラインもUberそっくり。

UberEatsのシステムに「一件ごとに待機」「ピック距離の補償無し」「トラブル時間の補償なし」を加えた感じ。
考えて努力し結果を出すと売上が増える仕組みがなくなりますね。
配達員の売上は(報酬総額/稼働人数)で平均化されることになります。

残念ではありますが、じきに稼げなくなるのは既定路線だったのでしょうがない。
実際に試してみてから続けるかを判断します。

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

貧乏食
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より

コメント