今日の貧乏食(2022/03/10)

カキフライ貧乏食

最近またマンネリ感に悩まされています。
毎日同じことを繰り返すだけで手一杯。
新しい成果がないので焦っているのだろうな。

そこで思い切って生活パターンを変えてみよう!
ランニングを夜に移せば明るい時間帯に活動できるな。
酒の量も減るだろうし(笑)
よし、まずは試してみよう。

 

 

朝食

カレーパン

カレーパン

うーむ、カレーパンでいいのかな(笑)

 

昼食

緑のたぬきとおにぎり

緑のたぬきとおにぎり

駅でかき揚げそばが食べたいなぁ。
で、そのまま電車に乗ってどこか遠くへ。
まん延(略)の解除後ですかね。

 

夕食

カキフライ

カキフライ

数年に一度しか利用しないスーパーで半額調査。
衣が分厚いカキフライゲット。

 

ベーコンチーズ

ベーコンチーズ

手作りベーコンにチーズを乗せておつまみに。
豚バラ塊の料理がベーコンと角煮とチャーシューしかない。
次回は別の料理に挑戦だ。

 

3日前にマーケット・ニュートラルを崩して日経平均の売りだけにしていました。
「日経平均が1,000円上昇すると1,000円損失になる程度の少額なので大丈夫でしょう」と書いたら…、

昨日日経平均で+972円の暴騰発生(おい笑)
-1,100円の巨額(?)損失です。
その程度の小さいポジションなのでこのまま置いておきましょう。

「買いは家まで売りは命まで」と言われるように売りポジションはとても危険なのですが、これは信用取引や先物取引での話。
日経インバースETFは「値動きが日経平均の逆になる株」ですので、これを買うことで売りポジションにしています。
このETFは、

ある日に日経平均が10%上昇すると、日経インバースETFは前日終値から10%下がる。
次の日も日経平均が10%上昇すると、日経インバースETFは前日終値から10%下がる。

このように毎日パーセンテージで減るので最悪の事態でも0に収束するだけ。
つまり買付け額の26,000円が0円に近づくだけでそれ以上の損失は発生しません。
信用売りや先物売りのようにどう足掻いても払いきれない額の追証が発生するリスクはないのです。
そういった意味ではインバースETFは安全な「売り」だったりします。

だがしかし減るのは困る(笑)
穴は早めに塞がないと。

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

貧乏食
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より

コメント