「雪とポテトに振り回される」+87,373円(2022/01/09 フードデリバリー週報)

20220109フードデリバリ週報フードデリバリー

正月三が日も終わり、街は半分だけ日常に戻ったような落ち着かない雰囲気。
有給が取れる方は8~10日の3連休までつなげているのでしょうね。

配達の方はというといろいろな要因で振り回されることになりました。

 

 

今週の売上げ

今週も出前館新エリア。
このエリアで狙ったパターンに入らないと高い効率を維持できないのです。
今は他エリアやUberEatsはこのやり方が崩壊したときの逃げ場所と考えています。

 

20220109フードデリバリ週報

今週は稼働時間が少ない。
原因は

・正月休みにより需要供給バランスが崩れ、まばらにしかオーダーを確保できず撤収
・積雪によるサービス停止
・マクドナルドのポテトの販売制限によるオーダー減 → 局所的に配達員余り

の3つかな。
「稼げないときはやめる」を徹底したので稼働時間が少なくなったのです。
しかし売上は8万7千円と十分。

10日の成人の日が終われば学校も始まりようやく平穏な日常に戻ります。
平日の方が稼働しやすいですからね。
来週は稼働時間を増やせるといいな。

 

出前館の株価上昇の理由にコロナ感染拡大が挙げられていましたがどうなんでしょうねぇ。
今も感染が急速拡大してはいますが配達も街の様子も全く変わりません。
おそらく厳しい外出制限で国民総巣ごもりくらいのインパクトがない限りコロナ特需はないと思いますよ。
配達員としてはまず先に起こるであろう店舗の営業制限のダメージの方がよっぽど怖い。

それと同じくらい花粉症が怖い(笑)
ああ、そろそろですねぇ。。。

 

コメント