今日の貧乏食(2022/01/10)

カルボナーラ貧乏食

今日の成人の日でクリスマスから続く年末年始モードは完全に終了。
お疲れさまでした。
いや違うな。
でも連休明けの出勤は夢から覚めたようで気が滅入るんだよね。

次の大型連休はGW。
今年は2日有給休暇が取れれば10連休ですので今から予定を立てておきましょう!

 

 

朝食

カルボナーラ

カルボナーラ

気がついたら現金精算に出掛けるまであと30分しかない。
慌てて和えるソースで簡単に済ます。
翌日精算は交通量が多いのが難点ですが、夜より寒くなく明るいのでとても運転が楽。

 

昼食

フランクロール

フランクロール

空腹になると胃が痛むので配達の合間に詰め込んでおく。

 

お茶漬け

お茶漬け

お茶碗半分の冷凍ご飯でサラサラと。
その後、胃薬もサラサラと。

 

夕食

今川焼き

今川焼き

今日も20時に帰宅。
酒を飲む前に胃袋にナニカ入れておく。

 

<追記>

豚ロースとネギの炒めもの

豚ロースとネギの炒めもの

気がついたら22時半だったので手間のかかる回鍋肉は延期。
焼肉のタレでさっと炒めて乾杯。

明日雨か雪が降ることに今気がついた。。
現金精算は電車で行かないと。
でも街でカメラのゴミ取りキットも買いたかったので結果オーライとする。

 

 

投資信託と言えば比較的安全で利回りも穏やかなものが多いですが、最近一部の人にリスクは高いが破格のリターンが期待できる「レバナス」が人気らしい。

「レバナス」とはレバレッジ NASDAQ100の通称で、北米のIT企業で構成されたナスダック100指数に2倍のレバレッジを掛けたもの。
「○倍のレバレッジ」とはお金を借りて自己資金の○倍の取引をして、その損益を元本から計上する手法です。
2倍なら利益が2倍、ただし損失も2倍となるわけです。

2倍のレバレッジを基本右肩上がりのナスダック100に組み合わせたことで、上手くいけば元本を10倍20倍にすることができます。
しかしITバブル崩壊のような急落に遭遇すると資産はほぼゼロまで減ってしまいます。
ここまで来ると投資ではなくギャンブルなのかもしれませんね。

YouTubeやTwitterには「レバナス信者」と呼ばれるような方々が仲間を増やすべく活動をし、それを否定する立場の人もいてやいのやいの楽しそうです(笑)
そんな様子を見ていると、ふと競馬場で熱く語るおっさん達を思い出しました。
自分の分析と方針を披露しあうのが競馬や投資の楽しみのひとつなんだろうなぁ。

私?楽しむ余裕なんてありません。
資産も時間も余裕なし(笑)

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

貧乏食
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より

コメント