今日の貧乏食(2021/6/3)

ジャーマンポテト貧乏食

外れがちの天気予報ですが明日の雨は確定らしい。
ならば市民農園を片しましょう。

「片す」は関東の方言らしいが成年するまで知らなかった。
どうやら一時期衰退して90年代に復活したらしい。
上京した人たちが「片す」を面白がって使ったのが原因なんだとか。
なるほど、それなら知った時期とピッタリ合うな。

 

 

朝食

ベーコンエッグ

ベーコンエッグ

今日は力仕事なのでしっかり食べておく。
このベーコンはコイツ↓

シャウベーコロン

シャウエッセンの……ベーコン?
食べてみるとシャウエッセンのように滲み出るスープ多めでジューシー。
でもこれ、ベーコンではないよなぁ。
一枚肉ではなく成形肉だし。
なんて思いながらパッケージをよく見てみたらベーコロン(!?)
ベーコンじゃなかった。

 

昼食

焼きそば

焼きそば

野良仕事終了。
材料も揃ってるので焼きそばに。
天気の良いお昼に焼きそば食べると小学生の頃の土曜日を思い出す。

 

夕食

ジャーマンポテト

ジャーマンポテト

収穫したニンニク/玉ねぎ/ジャガイモとベーコロンでジャーマンポテト。
自分で栽培した野菜を食べる幸せ。

 

手羽中の唐揚げ

手羽中の唐揚げ

さすがに足りないのでセブンの冷凍手羽中を。
今日は疲れたのですぐに寝てしまう。

 

 

市民農園はどうなっったかというと、作業前はコレ↓。

植え付け前の市民農園

 

勝手に生えてきた2本のジャガイモ。
片方が花も咲かさずに枯れ始めているので収穫してしまいましょう。

枯れかけたジャガイモ

すると、出てくる出てくる!
なんと豊作(笑)

ジャガイモの収穫

1.9kgも収穫できました!
これは嬉しい。
最近ジャガイモ高いしね。

 

さて、今回植えるのはコチラ。

植え付け前の苗

里芋(去年勝手に生えてきた野良)
長ネギ
ジャガイモ(去年収穫した男爵)
さつまいも(紅はるか)

 

はい、完成。

植え付けが終わった市民農園

手前はさつまいも。
活着するまでは強い日差しで枯れやすいので日陰に。
来週は30℃超える真夏日があるらしいので。

異様な形のやぐらはジャガイモ。
ジャガイモは低温乾燥のアンデス高原が起源なので梅雨と真夏は大の苦手。
なので春じゃが/秋じゃがなのです。
本来この時期では栽培できないのでちょっと仕込みを。
雨除けと日除けが設置できるやぐらを組んだのです。
無論そういった手法が確立されているわけではないので実験ですね。
さてどうなるやら。
結果は9月に。
お楽しみに!

「あの人また変なことしている……」と言われそうですね(笑)

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

貧乏食
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より

コメント