「年末は稼げる?稼げない?」+59,684円(2020/12/27 UberEats配達週報)

20201227UberEats週報UberEats

さて年末年始突入です。

注文は間違いなく増えるでしょう。
でも「稼げるか」は仕事休みに復帰する配達員がどれだけ増えるのかがキモとなります。

 

 

今週の売上げ

20201227UberEats週報

売上:59,648円
オンライン時間:42時間17分
配達回数:111回
1回平均:537円
参考時給:1,411円
累計売上:1,048,731円(2020/06/29より)

※日跨ぎクエスト込み

昼に買い物ついでに数件、そして夜は6時間と今週も頑張りました。
売り上げは6万円弱。
上出来でしょう。

年末初日の土曜日は自転車配達員が多すぎて配達依頼は閑散。
やはりサラリーマン配達員がでてきたようです。
でも日曜日は忙しい。
土曜に稼働してみて「寒いは稼げないはでアホくさ!」と撤収してくれたのでしょうか。
せっかくの年末年始、そのままお休みしましょう!(そうしよう!)

累計売り上げが100万円を突破!
6月末から始めたので約5ヶ月です。
配達回数は1700回を超えています。

これで年収換算で240万円。
経費込なので年収220万円程度でしょうか。
そう考えると少々物足りないですね。
これでは現状維持の生活はできても貯金は増やせません。

何度も書いていますが、
UberEatsの配達は始める障壁が低く、すぐに最低限の生活が可能な収入を得ることができます。
しかし同じことを繰り返していても年収が300万、400万と増えることはありません。
歩合制なので収入額の天井がすぐに見えてくるのです。
この仕事のメリット・デメリットをしっかり認識してうまく利用していきたいですね。

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

UberEats
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より

コメント