「ツイていない日を受け入れろ」+5,718円(2020/07/14 UberEats配達日報)

202200714_uberesta日報UberEats

今日は昼3時間と夜2時間の稼働。
大きな繁華街を巣としてロングドロップ(長距離配達)を狙います。

 

 

ダメな日はダメなことが続く

11時にオンライン。
早速受けた配達がハズレ。
5kmのロングドロップは良いとしてマップの経路が真っ赤。
渋滞です。

今のUberEatsは距離報酬を狙うより配達回数をぶん回したほうがお給金が増えます。
そのときに欲しいのはショートドロップ(短距離配達)ではなく、正確には短い配達時間の案件。
配達距離が短くても時間がかかるなら良い配達案件とは言えないのです。

今回の配達は長距離で移動速度が遅い案件です。
一番厄介なケースです。

配達を終え戻ってくるまで50分を要しました。
基本長距離配達のスクーターでも最低2回/h、できれば3回/hをこなしたいところです。

今日はダメかもしれない。
そんな日は不幸が続きます。

 

配達途中でお店に帰るトラブル!?

その後受けたのがタピオカ。
お店に到着、さてピックアップと思いきやまだ出来ていない。
Uber以外の注文もあるのでワンオペの店員さん少々パニック気味。
回転数で稼ぐ配達員は料理受け取りに時間がかかる場合は配達キャンセルしてしまう人もいます。
受けキャンですね。
あまり良いことではありませんが次の配達員が来るころには料理は出来上がっていることでしょう。

私? いつもにこやかに待ちます。
良い休憩になりますよ。

その後同じお店の注文が追加されてダブルに。
一度に2つの荷物を受け取りそれぞれの配達先に届けるのです。
これにより更に受け取りが遅くなる。

10分後ようやく受け取ることができました。
到着にあわせて用意するルールなので店員さん申し訳無さそう。
ずっと見ていたのですがタピオカって凝った注文は結構手間がかかるのですね。

一件目の配達先に到着すると電話が。
出てみると先程のタピオカ屋のお姉さん。
なんと「スイマセン、二件目の商品を作り間違えました」と。

バカ正直に謝る人は割と好き。
協力したくなりますよね。
お店に戻り正しい商品と交換して配達続行。

2件めの配達はだいぶ遅れましたがチップを頂けたので注文した方は怒っていないようです。
良かった。

ただ私の売上げ的にはいまひとつ。
でもしゃーない。

 

本日の売上

4時間7分稼働。
9回で5,718円でした!!

20200714_ubereats_日報

今のオフラインで巣に戻る戦法では稼働時間=オンライン時間ではありません。
実稼働は昼3時間+夜2時間の合計5時間です。
5時間で9回ということは最低ラインと考えている2回/hもこなせていませんね。
まあそんな日もあります。
期間で均してボチボチなら問題ないのです。

本日売上:5,718円
本日の1回平均:635円
本日の時給換算:1,388円(※オフライン移動があるため参考値)
累計売上:85,978円(2020/06/29より)

チップは2件で305円!
ありがとうございました!

ダメな日でも1回平均が600円を超えるのはさすが都会。
これでホームタウンの450円/回なら4050円に目減りしてしまいます。
やはりこの違いは大きい!

 

今週の売上げ

20200714_ubereats_週報

配達は30回となりました。
月~木の日跨ぎクエストは45回or55回を選んでいます。
月曜日に回数を稼いだおかげで楽にクリアできそうですね。

 

 

明日は配達お休みします!
体が疲れていることもあるのですが、明後日の木曜日にまた丸一日費やしてみようと考えています。
一日しっかり休んで英気を養います!

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

UberEats
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より

コメント