「お客さん、延長しますか?」+8,756円(2020/07/21 UberEats配達日報)

20200721UberEats日報UberEats

やはり昼間はアッツい!
マスクさえなければ楽なのに。
運転中はしなくてもいいんだけど習慣としてし続けたほうがいいのかなと。
日焼け防止にもなるしね。

 

 

バイパス戦略はハズレ

駅前の渋滞を避けるように作られたバイパス。
ドライバーのお腹を満たすためチェーン店が一通り出店しています。
ここから住宅街への配達があるのかも。
そんなことを考えて調査してきました。

需要はあるにはある。
ただ呼ばれるのはバイパス沿いのお店が少なく、近くの駅や商業施設。
昼のコアタイムを過ぎていましたが2回/h程度、450円/回で時給900円コース。
あまり嬉しくないロングピック、ショートドロップ、数珠なし。
ゼロではないものの良い環境では無いようです。

バイパスを往復して呼ばれるのを待つのも大変です。
走り続けないといけないからです。

うーん、ボツ!

 

繁華街の稼働時間を増やそう

バイパスを後にして繁華街へ移動。
17時過ぎに発生する帰宅ラッシュの前にたどり着きたい。

ちょうど17時に繁華街入りすると・・・、
同じように繁華街へ向かう大きなバッグを背負ったスクーター、そして緑ナンバーのバイクが。

あ、そういうことか。
飲み屋は16時からの営業が多いので17時からでも配達需要があるのですね。
確かに呼ばれます。
激渋滞の配達を引いたらハズレということで。

繁華街は19時からが本番と考えていましたが前倒しで開始を17時に変更します。
これで5~6時間稼働ができますね。
昼+夜とせずにこうやってまとめたほうが良いのかも。
ますます夜のお仕事に(笑)

 

本日の売上

本日の売上げは8,756円でした。
昼のバイパス調査で稼いだ3,000円が乗っています。

20200721UberEats日報

売上:8,756円
稼働時間:8時間
オンライン:6時間57分
配達回数:16回
1回平均:547円
実質時給:1,094円
オンライン時給:1,259円(オフライン移動を多用しているので参考値)
累計売上:124,977円(2020/06/29より)

昼から稼働すると汗かいて乾いてを繰り返して肌が気持ち悪い。
定期的にシャワー浴びたくなりますね。
ジム?ネカフェ?スーパー銭湯?
月いくらで入り放題のシャワーがあるとありがたいのですが。

 

今週の売上げ

20200721UserEats週報

月曜日サボった分を取り戻しましたね。
今週は4連休があるので後半稼げるかな?

 

 

バイパスでスクーターに乗りながら考えた。

この配達稼業は比較的容易に最低限の生活ができる収入を得ることができる。
しかしその後がない。

役職がついて給料が上がるわけでもなし、高収入が期待できるスキルが身につくわけでもなし。
時間と労力を換金しているだけだ。

肉体労働ははじめてすぐに高収入が得れれることが多い。
若い頃からお金を貯めて家を買い家族を養うのだ。
年齢とともに徐々に給料が増えていくデスクワークとはここが違う。
しかし私にはもう働ける時間がわずかだ。

そして収入の限界が浅い。
頑張って1日1万円稼いだとする。
1年休み無しで365万円の売上げ、経費や税金を引くと2割程度減る。
では手取りで300万円としましょう。
このあたりが限界。

一日5,000円目標の私のペースでは手取り150万円となるでしょう。
この仕事、どんなに頑張っても年収800万円というような裕福層にはなれないのです。

これで2,000万円だ3,000万円だと言われている老後資金を貯められますか?
無理でしょう。
もうじき爺さんのおっさんならば体力が尽きたときに人生も尽きるのです。

さて、どうすんべ。

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

UberEats
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より

コメント

  1. nabypapi より:

    私も2年前、同じことを考えていました。
    障碍者雇用でパートで、ずっと変わりようのない給与。
    月に手取りで四捨五入すれば10万円です。
    貯金など出来ようはずもない。
    親の遺産が多少ありましたが、それでも働けなくなった後の老後を支えられるほどではなく。
    私の場合は、年金もほとんど支給されないようなものですから、働けなくなったら遺産を細々と切り崩していくしかない。
    恐怖でした。
    その現実に絶望して大鬱になってしまいました。

    その鬱の突破口が株式投資でした。
    数字とか経済とか一番苦手な分野。
    それでも必死に勉強して、一時は200万円ほど溶かしてしまいましたが、ようやくプラ転になりました。

    もちろんお金を増やせる保証はありませんが、希望は生まれました。
    人は希望がないとうまく生きていけないのだなぁ、と実感しましたよ。

    ごめんなさい、ついつい私語りしてしまいました。

    • toshi より:

      私は親との縁を切ってしまったので遺産は皆無です。
      だからこそ自分の力で生きていくしかない。
      それが私の原動力になっている気がします。

      8月末に夏休みの宿題を始めるヤツなので(笑)
      自ら追い込まないと何も出来ない人なのです。