UberEats配達日報+6,900円(2020/07/04)

20200704_ubereats_日報UberEats

週末は雨からスタート。
ただ昼には止むようです。
さてどうなりますか。

 

 

週末昼間は・・・稼げなかった

配達を始めて初の週末です。

ちょっと気合を入れて10時30分からお店の多い通りに出てみました。
まだ雨が降っているので注文が多いはず。

・・・はずなのですが鳴りません。
でもマクドナルドには週末恒例のドライブスルー渋滞が出来ています。
需要はありそうですね。

結局1時間を無駄にして初の配達がくるもその後が続きません。
配達後にどこかで待機する単発ばかりです。
あらら週末ってこんな感じなの?
平日のほうが忙しいのでは?

12時を越えたあたりから少しづつ注文が増えだすもやっぱり今ひとつ盛り上がりません。
結局昼の部は14時前に切り上げて7件で終了。

やはり雨が上がり道路が乾いてきているので配達員が多いのでしょう。
週末は配達員数>注文数なのかもしれませんね。

 

週末、雨の夜は・・・もちろん稼げる!

せっかくなので土曜日の夜を体験してみましょう。
居酒屋からの配達はあるのかな?
自宅待機で19時30分にオンライン。
この記事を書きながら呼ばれるのを待っています。

早速呼ばれました。
部屋を飛び出すもしばらくすると雨が降り出します。

こうなるとハマりますよね。
案の定あちこちから呼ばれます。
1食分の食事がほとんど、たまに居酒屋オツマミでした。

配達が途切れて自宅にたどり着いたら終了にしようと思ったのですが全く帰れません。
今、この町で配達しているの俺だけ?
キリがないので22時にオフラインにして撤収。

やっぱり雨ですね、稼げるのは。

 

本日の売上

昼と夜で6時間8分稼働。
14件で6,900円でした。

20200704_ubereats_日報

うちチップは3件948円!!
ありがとうございます!!
450円の仕事に750円のチップが付くと流石に困惑してしまいます。
やはり欧米の方でしたね。

20200704_ubereats_日報

本日売上:6,900円
本日の1件平均:492円
本日の時給換算:1,125円
累計売上:22,243円(2020/06/29より)

夜に盛り返して見れる数字になりました。

ちょっとだけこの地区の傾向がわかってきました。
UberEatsを使うのは、

・アパート・マンションにお住まいの方
・平日昼は女性(主婦?)
・休日と夜は男性
・1食分の食事の注文がとても多い
・昼食夕食から少し遅れた時間帯が多い

そんなユーザー層が見えてきました。
「あーお腹減ったー、ちょっと高いけどもうUberでいいや、ゴハン飛んでこーい!」という感じでしょうか。
これが郊外のケータリング事情なのかもしれません。
土日は一家分やパーティーの注文があるのかと恐れていましたが今日は一度もなかったですね。

明日も昼と夜試してみましょう。
また何か新しい発見があるかも。

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

UberEats
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より

コメント

  1. nabypapi より:

    どんどん経験値が上がっていきますね!
    何となくドラクエのセリフが頭に浮かびました。

    「トシは雨の日が注文が多いことをおぼえた!」
    「トシは防水鞄を手に入れた!」
    「トシは一食分の注文が多いことをおぼえた!」
    みたいな(笑

    欧米の方はチップ文化があるので、チップが当たり前なのでしょうね。
    欧米ではキャッシュレスでもチップを払うものなので、てっきりUber Eatsでもそうなのだと思っていました。
    以前のブログのコメント欄に中国事情を話されている方がいらっしゃいましたが、現金じゃないとチップは発生しづらいのでしょうか?

    現金を扱うと、おつりを用意しなくてはならないので、それはそれで面倒ですね。。。

    • toshi より:

      そうなんです、お釣りの用意と携帯は面倒です。
      私もいつ現金支払いが解除されてもいいように防水カバンに小銭を入れています。
      これが重い!
      自転車配達員ならそれだけで避けたくなりますね。

      欧米人は当たり前にチップが出てきます。
      ウエイトレスやボーイなどの職はチップ有りきの低賃金なので渡さないと失礼なのだとか。

      コロナの影響で玄関前に置いて配達完了の「置き配」が増えたので注文者と顔を合わせることが激減しました。
      そこでUberは注文アプリでチップが払えるようにしたのです。
      日本人的にはこの方法のほうがチップを払いやすく受け取りやすいですね。