今日の貧乏食(2022/06/23)

肉うどん貧乏食

何年ぶりでしょうか、野外プールに透き通った水が入りました。
キラキラと青く光る水面がとても綺麗。
もう夏の風景ですね。

梅雨明けはまだ先ですが明日からしばらく炎天下。
週間予報に36や37という数字が。
あな恐ろしや。。

 

 

朝食

煮物と納豆

煮物と納豆

納豆が切れるので明日は更に質素に。

 

昼食

肉うどん

肉うどん

駅そばの肉うどんは何肉?
関東育ちとして牛と豚どちらでもありだが駅そばは豚が多いのかな。

 

夕食

辛ダブチとスパイシーナゲット

辛ダブチとスパイシーナゲット

力尽きてマクドナルドへ。
ここ数日なんだかとても疲れるのです。

 

辛ダブチ

辛ダブチは過去にも食べたような気がする。
リバイバルなのかな?

 

スパイシーナゲット

スパイシーナゲットもリバイバルですよね。
ただソースの「3種の唐辛子ソース」は初めてかも。
うん、辛い(笑)

汗が収まると眠い。
体調不良というより体力不足ですかね。

 

コーン肉団子

コーン肉団子

結局寝れずに冷蔵庫を漁るがこんなものしかなかった。
今日は終始眠くて何も出来なかったなぁ。

 

 

参院選が公示されましたね。
今回の論点はインフレ/消費税/円高/コロナ復興/安全保障/改憲など。
ニュースタイムラインではいつものようにプロレスが始まりもううんざり(笑)

あと話題なのは、社会党の直系である社民党が政党要件を失う可能性が高いこと。
敵対するはずの社会党と自民党が手を組んで爆誕した村山内閣を知っている身としては時代の移り変わりを感じてしまいます。
海外から「日本は理想的な社会主義国だ」と揶揄されるように既に社会主義のエッセンスを織り込んでいるので主張が響かないのかもしれませんね。
まあ党内部から崩壊したことが一番大きな原因ではありますが。

時代が求めるイデオロギーを取り込み変化出来るのがこの国の良いところだと思います。
そのためには同意できなくても/多少過激であっても意見の多様性は必要です。
影がなくなると形が見えなくなるように、同意できない意見があるからこそ自分の意見が明確化するのです。
そういう意味でも社民党存続の行方は気になりますね。

さて参院選の投票日は7月10日。
最近なにかと話題の権威主義国家とは違い、国民が暴走を始めない限り国が暴走できないのが選挙制度の優れているところ。
暴走していないと自負する方はぜひ選挙に行きましょう(笑)

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

貧乏食
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より

コメント