今日の貧乏食(2022/02/03)

さつま揚げと大根の煮物貧乏食

いつものコロナチェック。
今日も発熱外来棟の賑わいはいつも通り……と思ったが、その後の人の減りが早い。
ピークはそろそろかな。

新規感染者数も昨日から微減。
キタキタ。
予想通りですね。

 

 

朝食

さつま揚げと大根の煮物

さつま揚げと大根の煮物

いつもの煮物。
今回はうずらの卵を入れてみた。

 

昼食

豚めし

豚めし

松屋の豚めしが新しくなったので。
↑のように赤身が多い薄切りロースに。
私は豚バラ星人ですが丼めしの選択肢が増えたのは良いことですね。

 

夕食

旨辛だれの鶏唐揚げ

旨辛だれの鶏唐揚げ

夜の配達はいろいろ失敗。
19時台、20時台とそれぞれ1件のみ。
最後は拠点方向に飛んだので現金精算を済ませてヘトヘトで帰宅。

今日はコンビニでいいや。
これも定番になりつつあるセブンイレブンのタレ漬け唐揚げ。

 

 

今日ピックアップ時に他の出前館配達員と少し話をしたのですがかなり気になる噂をききました。

1つ目はオーダー表示の不具合は仕様であること。
つまりオーダーを配信する差配システムに何かしらの変更があったらしい。
マクドナルドで受けたオーダーが遠目のお届け先ばかりになったのもそのせいかも。
これはまあ良いとして、

2つ目が問題。
将来的に個人業務委託はなくなり、配達員はどこかの法人業務委託への登録が必須となるらしい。
出前館としては仲介業者である代理店を挟むことで配達員の管理業務がなくなり効率化が図れます。
歩合制/シフトがない勤務形態は変わらないのですが、配達員としてのメリットは……正直無いですね。
代理店は「報酬がUPするかも!?」なんて言葉で配達員を募集していますが、「かも!?」に胡散臭さがにじみ出ています。
報酬は各代理店が独自に決めるので今は良くても将来的に不安を感じます。
出前館からの報酬総額から配達員への報酬を引いた差額が代理店の収入になるのですから、しっかりとした法人を選ばないとブラック化待ったなしです(笑)

ただ今も個人業務委託の募集が継続しているので直近の話しではなさそうですね。
その時が来たら判断しましょう。

効率化=派遣化、か。
やはり出前館は日本のカイシャだなぁと(笑)

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

貧乏食
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より

コメント