おっさんがTwitterで国際ロマンス詐欺に遭遇したお話②(詐欺の仕掛け編)

おっさんがTwitterで国際ロマンス詐欺に遭遇したお話②(詐欺の仕掛け編) 戯言

さて、前記事で詐欺師との出会いから情報収集までをまとめました。

おっさんがTwitterで国際ロマンス詐欺に遭遇したお話①(出会いと情報収集編

 

そして待ちに待った詐欺の仕掛けが始まります。

 

 

 

オーケー、ならばお前は小包受け取り詐欺だ!

詐欺師が初手をミスったために男x男。
これでは恋愛や結婚詐欺は使えません。

そこでこんな手を使ってきました。

 

なんと、内戦で瓦礫の山となったシリアで3億5000万円相当の現金を溜め込んだそうです。
おーすばらしい。

私の親愛なる友人は、Iおよびシリアで今ここに米国の兵士を生き残った他の人がキャンプでここに自分自身の中でそれを共有し、私はお金のシェアを与えられたその価値以上$ 3,500,000 {350万米国ドル}。これは私のお金のシェアを含むボックスです

私の親愛なる友人は、Iおよびシリアで今ここに米国の兵士を生き残った他の人がキャンプでここに自分自身の中でそれを共有し、私はお金のシェアを与えられたその価値以上$ 3,500,000 {350万米国ドル}。

これは私のお金のシェアを含むボックスです

想像を遥かに超えた陳腐な詐欺を仕掛けてきました。

国連とシリア政府つまりアサド政権から報酬として現金が支給されたそうです。
アメリカと対立しているのがロシアの後ろ盾を持つアサド政権です。
アメリカ軍にとっては敵勢力です。
そして中立を主張し停戦を要求しているのが国連です。

国連とシリアが米国の兵士に3億5千万円の現ナマを戦場でポン。
さすが国連、さすがアサド大統領、器が違う!

ちゅうか、もうちょっと勉強しようよ、冷めるわー。
などと思いつつもさらに食いついてみる。

親愛なる友よ、私の報酬に関してもあなたの助けが必要です。 あなたは私があなたをとても信頼し信じていることを知る必要があります。 私はあなたを疑いませんし、あなたを信じています。 これが、私についてあなたに何でも開示できる理由です。 戦争地帯であるため、ここに収容することはできません。そのため、私に薬を運んでくる赤十字の医療関係者の助けを借りて、シリアから出荷された金庫と鉱山に入れました。      私たちが話しているように、私の箱はすでにロンドンの運送会社にありますが、私はそれを受け取り、引退するまで私のためにそれを安全に保つ手助けをする人は誰もいません。 受け取るのを手伝ってもらえますか? 親愛なる友人が私のテキストに返信してください。予想よりも時間がかかっています。 日本に来るまで私の箱を受け取るのを手伝ってもらえますか? 日本に着いたらお金で投資したいから。

親愛なる友よ、私の報酬に関してもあなたの助けが必要です。 あなたは私があなたをとても信頼し信じていることを知る必要があります。 私はあなたを疑いませんし、あなたを信じています。 これが、私についてあなたに何でも開示できる理由です。 戦争地帯であるため、ここに収容することはできません。そのため、私に薬を運んでくる赤十字の医療関係者の助けを借りて、シリアから出荷された金庫と鉱山に入れました。      私たちが話しているように、私の箱はすでにロンドンの運送会社にありますが、私はそれを受け取り、引退するまで私のためにそれを安全に保つ手助けをする人は誰もいません。 受け取るのを手伝ってもらえますか? 親愛なる友人が私のテキストに返信してください。予想よりも時間がかかっています。 日本に来るまで私の箱を受け取るのを手伝ってもらえますか? 日本に着いたらお金で投資したいから。

なぜか赤十字に協力してもらって金庫は今ロンドンにあり、これをあなたに送るから除隊するまで日本で預かって欲しい、だそうです。
なぜこの21世紀に札束のままで世界を一周させる?
金融街ロンドンにあるなら銀行に預けろよと。

超絶期待してたような高度な詐欺手口が見れずガッカリです。
なんだか萎えてきました。

 

渋ると自分の銀行口座を見せてくれました。

詐欺で使われた見せ金口座

親愛なる友人、これは私の口座明細書です。銀行口座には1200万ドル以上ありますが、外国銀行はシリアで働いていないので、銀行口座にアクセスできません。

資産12億円。
ステキ! 抱いて!

googleで画像検索をしているとこの赤い金庫を開けた画像が見つかりました。
なにそれ俺も欲しい。

詐欺で使われた見せ金画像/はい、箱の中身は現金であり、3,500,000ドル以上の価値があります{300万500,000米ドル}

はい、箱の中身は現金であり、3,500,000ドル以上の価値があります{300万500,000米ドル}

ビンゴ!!

 

でも100万円相当の帯封付きの札束をポケットに入れて戦っている兵士を想像すると笑えます。
敵からするとボーナスキャラだな(笑)

さらにごねると30%私にくれるそうです。

日本に来たら、このお金の30%を渡してあげるのを手伝ってほしい。

日本に来たら、このお金の30%を渡してあげるのを手伝ってほしい。

やったぜ!1億円ゲットだぜ!

 

あなたがしなければならないのは、私が次の情報を私に送ることです。そうすれば、私はそれを運送会社に転送して、彼らがあなたに連絡できるようにします。 フルネーム ....... 自宅の住所......... 電子メールアドレス ........... 携帯電話番号 ..........

あなたがしなければならないのは、私が次の情報を私に送ることです。そうすれば、私はそれを運送会社に転送して、彼らがあなたに連絡できるようにします。 フルネーム ……. 自宅の住所……… 電子メールアドレス ……….. 携帯電話番号 ……….

さてさて、
これを承諾して個人情報を晒すと、しばらくしてから税関や配達業者から関税に関する問い合わせがきます。
あまり知られていませんが、関税は受け取り側に支払い義務があります。
普通は「それは確かに私の荷物です」と言ってしまうともう支払うしかないものです。

 

と・こ・ろ・が、

今度はその関税を請求する税関や配達人が詐欺グループの一員なのです。
関税65万円を請求された例があるようです。
一度払ってしまうとその後も繰り返し請求されるのでしょう。
「国際ロマンス詐欺」と呼ばれてはいますが、詐欺一味は始めから国内にいるのかもしれませんね。

もし本当に荷物が送られてきたらあなたは輸入禁止のブツの受取役です。
しかも関税はあなた持ち。
白い粉、葉っぱ、それとも希少動物でしょうか。
その時は密輸グループの一員としてお縄でしょう。

これが国際ロマンス詐欺のバッドエンドルートの一つ「小包受け取り詐欺」です。

わーお。

 

 

クローズしましょう

ネタが尽きたのか単調なやり取りの繰り返しになってきたのでそろそろ 飽きた 終わりにしましょう。
相手を怒らせて終わると面倒なことになるかもしれないので、相手が自分の意志で離れてくれるように仕向けます。

かぐや姫のように面倒なお願いをしてみましょう。
作業コストに見合う報酬が見込めないなら相手は離れていくはずです。
今一生懸命調べているんだろうなぁと思いながらいろいろ。

私の親愛なる友人です。 クリスチャンであり、私は神をとても愛しています。 私は私の神が汚いお金ではないことを誓います、私はあなたが私が持っている唯一のものである私を助けることができる他の誰も持っていないのであなたに助けを求めるだけです。

私の親愛なる友人です。 クリスチャンであり、私は神をとても愛しています。 私は私の神が汚いお金ではないことを誓います、私はあなたが私が持っている唯一のものである私を助けることができる他の誰も持っていないのであなたに助けを求めるだけです。

そう言うのじゃなくてもっと宗教的な宣誓が欲しかったのですが。

 

陸軍の親愛なる友人IDカードは個人的なものなので、私はあなたにそれを送ることができません。 あなたが私を助けたいなら、あなたは助けます。

陸軍の親愛なる友人IDカードは個人的なものなので、私はあなたにそれを送ることができません。 あなたが私を助けたいなら、あなたは助けます。

詳しいふりして適当なことを言う私。

 

あなたは私の友人について何を話しているのですか? シリア政府から報酬が与えられたので、私は誰からも何も隠していないので、あなたが何を言っているのか理解できません。

あなたは私の友人について何を話しているのですか? シリア政府から報酬が与えられたので、私は誰からも何も隠していないので、あなたが何を言っているのか理解できません。

お前も何言ってるんだかわからんのよ。

 

そんな質問攻めをしていたら無事返答がなくなりました。
詐欺が確定しているのでTwitterに通報しておきましょう。
お疲れさまでした。

 

 

SNSを利用するなら詐欺に遭遇する覚悟を

調べてみると、5年前から全く同じ内容の詐欺があるようですね。
この通り詐欺としては陳腐な代物ですが、それでも引っかかってしまう人がいるのです。
たとえ1000人アタックして1人でも騙せれば数百万から数千万。
詐欺グループが5年以上続けるだけの実入りがあるということです。

この手の国際ロマンス詐欺の犯人として捕まっているのはナイジェリア人とカメルーン人だったそうです。

【参考】google画像検索”ロマンス詐欺 逮捕”

Google画像検索結果(ロマンス詐欺 逮捕)

 

日本語の堪能さと会話していた時間帯、海外に対する知識の乏しさからしても詐欺グループは国内にいると思います。
冗談でも住所や電話番号などの個人情報は教えないように注意してくださいね。
直接家に来て呼び鈴押されますよ。

 

 

一応Twitterには報告しましたがまだこの詐欺アカウントは生きています。
Twitterは詐欺撲滅に対してあまり積極的ではないように見えます。
自殺をほのめかすと警告される機能があるように、詐欺によく使われるキーワードでフィルタリングして警告フラグを立てるだけだと思うのですが。
そしてこの詐欺アカウントがどこの国で活動しているかはTwitterには筒抜けのはずです。
ちょっとだけ犯罪抑制に協力をしてくれれば多くの詐欺が防げるのにと思うのです。
何にせよ、現状のTwitterではこの詐欺アカウントは今後も継続して活動ができる、ということです。

もしSNSを利用するならこういうことが自分の身にも起きうることを必ず覚えておいてくださいね。
この手の詐欺はSNSのアカウントがある程度育つと必ず経験するはずです。

 

年末年始のバタバタしている時期だったのですが思いの外楽しんでしまいました。
また来ないかな(笑)

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

戯言
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より