「強いものが独占する世界」+151,580円(2022/01/23 フードデリバリー週報)

20220123フードデリバリー週報フードデリバリー

コロナ感染急拡大とともに配達インセンティブが急上昇。
チャンス到来。
稼げるときに稼ぐのです!

個人的にはコロナ感染拡大とともに忙しくなった印象はないんですけどね。
街はいつもどおりにぎやか。
もう外出を控えている人いないでしょ。

 

 

週の売上げ

出前館新エリア、いつもの狩場。

20220123フードデリバリー週報

今週も15万円と稼ぎすぎ。

この1週間で早押しが更に早くなりました(笑)
同じようなガチ勢は若干名いますが、その他大勢の配達員よりアドバンテージができたようです。
今週はインセンティブもとても高かったのでこの辺りが出前館の報酬の限界値かも。

大勢の配達員が待機している激戦区で「オーダーを取れる人」になるとこうなるんです。
ただその見返りとして目と右腕と心の疲労が激しい。。。

 

 

多分に報酬が高過ぎるのは配達員としても認識している。
絶対にこのままは続かない。

出前館は500億円の赤字を垂れ流しつつもシェア確保に邁進しています。
赤字の原因は大々的な広告と配達員の高報酬。
去年秋に830億円の資金調達をしましたがそれも1、2年で尽きてしまいます。
8月末が決算なのでそれまで明るい見通しを出さないといけません。
果たしてどんな手を繰り出してくるのか怖くもあり楽しみでもあります。

シェア争いをしているのはご存知UberEats。
UberEatsが撤退するまで攻め続ける勢いです。
でもどっちもソフトバンクグループやぞ(笑)
なのでいずれ買収で一つになるのかもしれない。
しかし買収で一つになるとフードデリバリー業界を完全独占することになり、独占禁止法に抵触しそう。
労働力を奪い合うようにいつまでも競い合ってほしいですね。
そう、私達配達員がオーダーを奪い合うように(笑)

 

コメント