「おしゃれな街には近づくな!」+3,648円(2020/07/12 UberEats配達日報)

20200713_ubereats_日報UberEats

今日のノルマは2回。
週末の日跨ぎクエストをクリアすればあとはいい感じに流れ解散で。

 

 

日曜日の都会の敵は渋滞だった

今日も大きな街で出稼ぎを。
日曜日のホームタウンは配達員が多すぎて配達依頼が回ってこない。
大都市でも同じ傾向があるのかの調査です。

その結果は・・・休めないほど配達が続く。
やはり自力が違うようですね。

しかし郊外では見られない問題が。
渋滞です。
街の中心部に向かう車、帰る車、路駐する車で前に進みません。
すぐそこの右折に信号3回待ち。
ああそうだった、都会はそうだよね。

土日に街の中心に近づき過ぎるのはよくないようです。
自転車配達員に頑張ってもらいましょう。
大きな都市には必ずあるバイパスに向かいます。

 

おしゃれな街の代償

流されて流されて別の駅につきました。
昔ながらの商店街があるような駅ではなく、駅と駅前をゼロから作ったニュータウン。
高架の駅は駅ビルとモール、デパートがテラスで一体となり車を気にせずに気ままに歩けます。
とてもきれいな駅です。
デートするには最適でしょう。

ただ配達員目線で見ると恐ろしい。
まず道端に駐輪駐車がまったくない。
自転車の路駐すら1台もないのです。
取り締まりの厳しさが伺いしれます。
車や自転車の駐車場は駅地下に用意されています。

この駅ビルからのピックが大変でした。
まずスクーターの駐輪場が見当たらない。
スクーターを押して駅の周囲をグルッと回り見つけたのは原付(50cc)までの駐輪場。
よくあるのですが、原付(125cc未満)のうち50cc未満だけ止められる駐車場です。
黄色ナンバー(80cc未満)とピンクナンバー(125cc未満)はバイクなのか原付なのかが結構曖昧に扱われています。
この駅では駐輪できません。

少々強引に駐輪して駅ビルに入り、階段を駆け上がりお店を探します。
荷物を受け取りスクーターに戻り、地下の駐輪場からスロープを押して地上にでて歩道を進み、エンジンをかけて配達するのは・・・600m先!?
すぐ目の前やん。

あれっ、これ自転車案件だろ。
配達途中に次の配達依頼が鳴る。
また駅ビル。
もう勘弁。
拒否。

すぐにまた配達依頼が鳴る。
また駅ビル。
・・・・コレは一体どういうこと?

あっ(そういうことか)
拒否 &オフライン。

地下の駐車場に止めてから上階のお店でピックする手間を自転車組も嫌っているのでしょう。
普通であれば店の目に前に自転車を止めて荷物をサッと受け取りそのまま走り出すのでロスタイムは数十秒です。
ピックするまでにどんなに手間がかかろうとその部分は無報酬。
配達回数で稼ぐ自転車配達員にはこのおしゃれな駅はデメリットでしかないのです。
この駅は自転車配達員に避けられているのでしょう。

そこに駐輪権限すら与えられていないスクーター配達員のアタシ。
いかん、ここから逃げないと。
オフライン逃走。

今後このおしゃれな街に近づくことを禁ずる。
良い勉強になりました。

 

本日の売上

2時間58分稼働。
6回で3,548円でした。

20200712_ubereats_売り上げ

本日売上:3,548円
本日の1回平均:591円
本日の時給換算:1,195円
累計売上:66,861円(2020/06/29より)

チップは1件140円でした!
ありがとうございます!

 

 

今週の売上げ

20200712_週間売上げ

今週は47,443円で確定。
1ヶ月が4週あることを考えるともう十分ですね。
この金額を維持できれば生活は安泰です。

 

あとは体力次第ですね。
20代ならまだしもそのお父さんの年代です。
体のガス欠が早い早い。
今乗っている燃費が悪くてガソリンタンクが小さいスクーターのようです。
早く体が慣れるといいのですが。

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

UberEats
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より

コメント