「じわじわと悪化するも粘るのです」+69,426円(2021/9/26 フードデリバリー週報)

20210926フードデリバリー週報フードデリバリー

いやーさみいぃ。。
9月だというのに夜は15℃まで下がっているようです。
長袖&タイツで防寒しないと寒さに耐えられません。

そろそろスクーターはハンドルカバーの季節ですね。
今年は風防もつけようかな。
↑のようにスマホホルダも左右2つ。
確実に配達ガチ勢へと変貌しています。

もういいや、すっかり配達オジサンだし(笑)

 

 

今週の売上げ

今週も出前館のみ。

20210926フードデリバリー週報

回線容量超えのトラブルもあり、ほぼ2日休んだものの7万円確保。
最近鳴らない取れないなかでは次第点ですかね。

 

 

鳴らない、つまり配達案件が流れてこない原因は配達員が増えたためであることに間違いはないのですが、もう一つ原因がありそうです。
以前は誰も取りたがらないロングピック/ロングドロップの案件は拠点から直電で取得の指示、いやお願いがされていました。
「選べる」ことを利点として契約している委託契約としてはちょっぴりグレー。
その対策としてか最近は委託契約ではなく直接雇用のアルバイトが数名雇われています。
拠点から直接「それ取って、次はコレね」と指示が出せる配達員が生まれたということです。

これにより(えーコレ私じゃないとダメっすかぁ……)と思うことはなくなりました。
いつまで待っても料理が届かない事案もなくなるでしょう。
それは良いことなのですがその反面、いくら働かせても給料が同じアルバイトに重点的に案件を振るのは世の道理。
おそらくこのアルバイト配達員が待機無しで配達できるように調整されているので、委託契約に流れる案件が減っているのかもしれません。
まあ、こうなる流れは至極納得。

そろそろ申請中の隣のエリアが開放される頃。
新しいマップのゲームが始まります(笑)
明日の仕事が保証されている雇用契約ではないので自分で上手く立ち回らねば。

 

コメント