UberEats配達日報+4,601円(2020/07/02)

20200702_uvereats_日報UberEats

今日は快晴。
配達4日目にして初の雨なしのド快晴です。
ただ気温は32℃まで達するとか。

暑くて外に出たくなーいで、注文が増えるのか?
暑くて外に出たくなーいで、配達員が減るのか?

どっちなんでしょうね。

 

 

無音からの数珠地獄

今日は「晴れた平日お昼に自宅待機するとどの程度稼げるか?」これを試してみましょう。

11時過ぎにオンライン
がしかし、いつまでたっても呼ばれない。
晴れると自転車配達員が増えるからこうなるんだろうな。

でもそれはそれ、エアコンが効いた部屋でPCカタカタ。
自宅待機の特権ですね。

1時間経過、12時を回ってようやく鳴るも店まで15分。
またロングピックです。
これは拒否しましょう。

数分すると12分が。
んー、このままゼロは悲しいので行ったれ!

しかしココからが大変だった。
次々に配達依頼が舞い込んでくるのです。
配達先に近づくと次の配達依頼が舞い込む「数珠」が続く。
14時過ぎたので途切れたら終わりにしようと決めたのですが終われません。

自転車配達員、暑くて撤収したのかな?
そりゃそうだろ、この暑さ。
スクーターでもキツイっす。

結局数珠が途切れたのは15時20分。
喉カラカラお腹ペコペコです。

 

今日のトラブル

配達途中、アレレ? スマホが・・・真っ暗!!
夏日とGoogleMapナビゲーションでスマホが許容温度を越えたようです。
バックライトがオフになりました。

スクーターのスマホホルダーに固定して走ると冷えて回復するのですが、しばらく止まると見えない。
どうやらGoogleMapナビゲーションが高負荷になっているようです。

そこは地元っ子。
ナビゲーションなんぞ使わなくても「あーはいはい、あそこね」と分かるので配達完了。
夏はナビゲーションを極力使わない方針で。

 

本日の売上

11時から15時20分まで稼働。
10件で4601円でした。

20200702_ubereats_日報

うちチップは1件130円。
ありがとうございます!!

本日売上:4,601円
本日の1件平均:460円
本日の時給換算:1,061円
累計売上:13,127円(2020/06/29より)

やはり数珠ると1時間3件程度配達できるので時給1000円を軽く越えますね。

 

さて、今日の課題「晴れた平日お昼に自宅待機するとどの程度稼げるか?」

その結果→「クソ暑い日は自宅待機なんて出来ないくらい稼げる」となりました(笑)
誰もが外にでたくない日こそが稼ぎどきなのでしょうね。
目論んでいた自宅待機型配達員ができなくとも、短時間でギュギュッと集中して稼げるなら大歓迎です!

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

UberEats
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より

コメント

  1. nabypapi より:

    =(イコール)誰も外に出たがらない過酷な状況が稼ぎ時、ってことでしょうか。
    200kmマラソンで培った馬力を、思う存分発揮しちゃってください “p(・ω・*q)ガン(p*・ω・)q”バレ ※q(*・ω・*)p※ファイト!!

    スマホ、温度でいかれちゃうって初めて聞きました。
    高温にさらし続けると寿命が短くなってしまいますぞ・・・( ;´Д`)

    • toshi より:

      そのとおりです!
      天候が荒れて注文が増えるとき配達員が減るのです。
      そこが狙い目ですね。
      稀にボーナスも付きますし。
      ただ台風や大雪で配達員が全く足りなくなると注文システム自体が停止してしまいます。
      ほどほどでお願いします!

      最近スマホ高いですからね。
      高温だけでなくスクーターの振動も強烈ですよ。
      毎日ガタガタ数時間叩かれたら電子部品がもげてもおかしくないです。

      2年は持って欲しいなぁ。
      でも無理だろうなぁ。

  2. jalanimbi より:

    同年輩の上海駐在員です。
    中国では、注文の時に込々で電子マネー決済しますから、受け渡しの時にお金のやり取りはありませんね。従って、チップも渡しようがありません。

    • toshi より:

      実は配達員は「現金の受け渡しが発生する配達を受けるか」が選べるらしいのです。
      しかし新人のため、まだこの機能が開放されていません。
      現金受付を許諾すると少しだけ配達依頼が増えるらしいのです。

      キャッシュレスでもポチ袋に入ったチップを渡してくれるお婆ちゃんがいるようです。
      日本のチップ文化「お駄賃」ですね。