今日の貧乏食(2021/2/5)

豚キムチ貧乏食

ドラッグストアでPCR検査キット発見。
3,800円。
安すぎる!

説明文をざっと流し読みすると「感染の判断はできない」との但し書きが。
PCR検査の精度は6~9割と確実性がなく、検体の採取にも職人芸がいるので素人自らの検査では確定できないということでしょう。

判定の誤陰性を真に受けて「私風邪だから大丈夫」でクラスター化しないか心配だけど、お店の他の客さんが検査キットに無関心なので大丈夫かなと。

 

 

朝食

明太のり弁当

明太のり弁当

昨晩、地域系スーパーで購入したのり弁当。
200円の半額で100円。
安い!

食べてみると・・・!?
ご飯がパッサパサのパッサパサ。
粘り気がまったくない。
しかも無味。
柔らかいプラスチックの粒を食べているみたいだ。
冷ご飯好きの私でもこれはダメだ。
格安で売れ残っていたのはちゃんと理由があったのね。
1食分損した気分です。

 

昼食

豚キムチ

豚キムチ

気を取り直して豚キムチ。
「モヤシ食べきらないと」で全部突っ込んだら大盛りになってしまった。
でもモリモリ食えて美味しかった。
配達時に臭わないかちょっと心配。

 

夕食

ホッケとモツ煮

ホッケとモツ煮

コメントで「焼き魚はフライパンとオーブンペーパーで焼くと片付けが楽だよ」と教えていただいたので早速試そうとするも・・・、

冷凍ホッケが大きすぎて中華鍋に入らなかった(笑)
しょうがないので急遽魚焼きグリルへ。
失敗失敗。

中華鍋と小さいフライパンしか持っていないので、我が家では「切り身か非冷凍なら」という条件がつくのでしょう。
再チャレンジしますね。

 

 

今日の配達は金曜なのにさっぱり。
オンライン4時間半で6件、売り上げは2,700円。
時給換算で600円と寂しい限り。
働いてはいけない日だったようです。

もちろん待ち時間はKindleを読むなどして有効に活用したのだけど、収入が減ることには変わらない。
今は配達が生命線なので理由の不確かな閑散は不安を増大させます。

最近、店舗専属デリバリーの時給1,100円がとても魅力的に見えます。
ほぼ毎日フル稼働するなら社会保険完備だし。

でも履歴書が書けないなぁ。
私の人生、急降下からの謎の白紙期間が長いのでめちゃめちゃ怪しくなるのです。(笑)
雇う側から見ると仕方ないのですが、正直に脳卒中のこと話すと避けられてもやむ無し。
世知辛い世の中ですが、それもまた現実です。

 

・・・と思ったら店舗専属デリバリーでも「履歴書不要」が結構あるな。
もうちょっと調べてみよう。

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

貧乏食
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より

コメント