今日の貧乏食(2021/1/11)

焼き飯貧乏食

寒い!
とうとう河原の池が凍った。
子供が乗って遊んでいるくらいに氷が厚い。

親御さんがいるので大丈夫だろうが、小学生の頃にそれをやって胸まで氷水に浸かった友人を思い出した。
はじめはみんなで爆笑していたがなかなか出てこない。
冷たさで体が動かなくなるらしい。
引っ張り上げ、焚き火を起こして事なきを得たのでした。

 

 

朝食

肉まん

肉まん

特価だと思っていた4個入り238円はそのスーパーの通常価格らしい。
他の店では400円弱なのに。
ちょっと遠いが通うしかない。

 

揚げ肉まん

揚げ肉まん

前回焼いたので今度は揚げる。
フライ返しで持ち上げてみると・・・・ずっしり!?
重い!
これは肉まんの重さじゃない。
一体なんの重さなんだろうねぇ・・・。

薄皮パリパリ、油の旨味が加わって美味しい・・・美味しいが油多すぎ。
美味しい油を使えば依存性ジャンクフードに化けるかもしれない。

 

昼食

焼き飯と餃子

焼き飯と餃子

チャーシューを豆板醤で炒めてからチャーハンに。
餃子は王将の冷凍品。
うむ、満足じゃ。

 

夕食

キムチ鍋

キムチ鍋

キムチと豚バラがあるならキムチ鍋は外せない。
もう言うまでもなくお餅入り。
冷え切った体に染みる美味しさ。

 

 

本を耳で聴く。
相も変わらず1日1冊ペース。

どうにも聴いて内容がグイグイ頭に入ってくる本とそうではない本がある。
これは「文章の構成」と「私の脳の許容度」によるものらしい。
長文で回りくどい言い回しを使われると頭の中が「???」となる。
ただ目で読むと理解できる。
耳で読める本は限られるということですね。

回りくどいといえば村上春樹。
いずれ1Q84読んでみたいのだけど耐えられるだろうか。
もう少し耳で読む訓練をしてからの方が良さそうではある。

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

貧乏食
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より

コメント