「休んで稼いで」+50,549円(2020/11/15 UberEats配達週報)

20201115UberEats週報UberEats

どうやら全く稼げない期間は終わったっぽい。
ただ昔(と言っても梅雨の頃)の注文数>>>配達員数で引く手あまたというわけではなさそう。
とくに 他の配達員の動向次第で繁閑が決まるような気が。
よく考えて行動しないと稼げない、そんなフェーズに移ったのかもしれません。

 

 

今週の売上げ

20201115UberEats週報

売上:50,549円
オンライン時間:51時間14分
配達回数:88回
1回平均:574円
参考時給:986円
累計売上:848,459円(2020/06/29より)

※日跨ぎクエ込み/自宅待機のため、1回売上げ/時給は参考値)

今週は月曜日に休んだ割に稼げました。
やはり週の売上げが5万円を超えると安心できますね。

先週同様に参考時給が1,000円弱と密度が濃い。
やはり21~0時の深夜帯が安定して稼げるのが効いています。
もちろん地元のお店は閉店しているので少し栄えた隣街での稼働となりますが。

 

・冷蔵庫に生鮮食品が詰まっている週始めは配達を休む
・週中盤/後半の深夜帯はしっかり抑える
・帰宅ラッシュのない土日は夕方早めに稼働する
・17~20分の超ロングピックが続いたときは休むが吉
・それでも原則は「稼げるときに稼ぎ、稼げないときは休む」

最近はこんなスタンスで稼働しています。

季節が変わると状況も変化するでしょう。
でもそれはそれ、街の空気を読み、私も変わっていきましょう。

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

UberEats
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より

コメント