今日の貧乏食(2021/12/26)

チャーシュー麺貧乏食

狂乱にも似た街の慌ただしさに圧倒された昨日。
打って変わって今日は穏やか。
なぜに?

おそらく24日土曜日が年末年始の買い物日和りだったのだろう。
クリスマスを過ぎるとスーパーも年末年始モードに入り何もかもが値上がりするしね(笑)

 

 

朝食

ソーセージエッグと豚汁

ソーセージエッグと豚汁

アルモノデー。
とにかくエネルギー、そして腹に溜まるものを。

 

昼食

チャーシュー麺

チャーシュー麺

ラストチャーシューはマルタイラーメンで。
やはり安定の美味しさ。
ただ豚骨用麺の探索は来年の課題だなぁ。

 

夕食

キムチ鍋

キムチ鍋

ざぶい。。。
日が暮れると身の危険を感じるほどに寒い。。。
キムチ鍋に肉団子/餅/ニラを追加してウォッカで着火。
危うく一命を取り留める。

 

 

来年から始まる出前館のシン・インセンティブ。
よく考えるとちょっと難儀だな。

新しいインセンティブでは一時間という細かいタイミングでインセンティブが変わる。
これはオーダーが表示されたタイミング~59分/0分~で区別されるのですが、、、

お店に近い配達員からオーダーが鳴るという仕組みなので、お店のそばにいる人が59分に確認したオーダーでも、離れた場所にいる人には1~5分後に伝わります。
配達員にはオーダーのインセンティブがどちらかわからない状態で提示されるのです。
そして配達後でも今の報酬がいくらだったかを教えてもらえない。
報酬支払い時も一括でまとめられているので同様にわからない。
配達員には最後まで個々の正確な報酬を知ることができず、振り込まれた総額が正確だと信じるしかないのです。

運営の説明では「配達員のスマホのオーダーが鳴ったタイミングでインセンティブが決まる」としか受け取れないのですが、仕組み的にそれは難しいだろうて。
これは後で揉めそうだなぁ。

いっそのこと、オーダー毎にインセンティブor報酬額を掲示してくれればいいのにね。
UberEatsのように報酬詳細をブラックボックス化して配達員を茹でガエルにするつもりなのか、それとも単なる熟考不足なのか。
後者であって欲しいのですが。

フードデリバリー週報どうすんべ。。
正確な報酬額が集計できなくなるな。

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

貧乏食
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より

コメント