「出前館は対人戦」+79,094円(2021/10/10 フードデリバリー週報)

20211010フードデリバリー週報フードデリバリー

気がついたら10月。
青い空に白い雲が映える過ごしやすい季節になりました。
外出しやすい/配達しやすいこの時期はフードデリバリーは閑散期。
一人あたりの注文数が減りインセンティブも下がります。
さて、そんな1週間の稼ぎは?

 

 

今週の売上げ

まず出前館。

20211010フードデリバリー週報

休暇1日で7.5万円。
今週もしっかり稼げました。

 

UberEatsは8件だけ。

20211010フードデリバリー週報

UberEatsも報酬は昼食/夕食のコアタイムが気持ち高めなので、出前館のオーダーが少ないときに同時オンラインにしています。
やはりUberEatsは楽ですね。
配達アプリが鳴ったらお店へ直行、料理が出来ているのですぐに受け取れます。
そのまま配達して即終了。
お店での受け取り時間/配達予定時間が決められており、自分で時間調整をする出前館と比べるとほんと楽。
その分だけ単価も安いんだけどね(笑)

 

 

出前館とUberEatsで8万円弱。
出前館の現金精算1時間を加えてもおおよそ8時間労働。
週休1日ではありますが(経費/税金込で)月収30万円ペース。
まったくもって悪くない。

フードデリバリー全体で労働条件は悪くなる季節です。
しかし今は十分稼げています。
これは「出前館の早押しにどれだけ食い込めるか」にかかっています。
みんなで分け合うUberEatsとは異なり、出前館は「早押しに勝てる人だけ稼げて、負け続ける人は全く稼げない」そんな適者生存の厳しいシステム。
ぜひとも生き残る側に残りたいものです。
そのためには「どうすれば他人に先んじてオーダーを取れるのか」を深く考察する必要があります。
フードデリバリーでネットやプログラミングの知識が役に立つとは思わなんだよ(笑)

UberEatsはのんびり位置情報ゲーム、出前館は殺伐オンライン対人ゲーム。
そんなイメージかな。

 

コメント