今日の貧乏食(2020/06/04)

牛皿貧乏食

今日街に出るために久しぶりに電車に乗りました。
コロナ自粛前以来、3カ月ぶりですね。
やはり乗っている人は少ない。
全員ロングシートの端に座って余るくらい。

駅を降りて驚いたのが大きな街なのにほぼ全員マスク着用。
緊急事態宣言が解除されているのに。
やっぱりスゴイなこの国の人達は、とちょっと感動しました。

私の住んでいる地域ではありえませんがね。
いえいえ、私日本に住んでるんですよ(笑)

 

 

朝食

牛皿定食

牛皿定食

朝っぱらからガッツリ。

ここ数日ゾンビ化して外食頼みなので買い込んだ食材の賞味期限が。
夜明け前から一気に料理を。
ベビーホタテの佃煮/ひじきの煮物/味付け卵/牛丼/カレー。
これでしばらく人間らしく生きていけますね。

 

昼食

坂内 焼豚ラーメン

坂内 焼豚ラーメン

久しぶりの外食。
醤油ラーメンが食べたかったので喜多方坂内ラーメンへ
焼豚がとろとろ、柔らかくて美味しい!
やっぱり圧力鍋なのかな。
これ作りたいなぁ。

 

夕食

芋焼酎とオツマミ

芋焼酎とオツマミ

酔っ払ってとっとと寝ましょう。
歩きまわって疲れているから寝れるかな?

 

 

コロナに対してノーガード戦法で集団免疫を獲得する方針に賭けたスウェーデン。
敗戦の弁が聞こえてきました。

「改善の余地がある」とのこと。

北欧三国(スウェーデン/ノルウェー/フィンランド)と比較するとかなり見劣りする結果となりました。

国名人口(人)感染者数(人)死亡者数(人)
スウェーデン1023万408034542
ノルウェー536.8万8477237
フィンランド551.8万6911320

データ出典:https://news.google.com/covid19/map?hl=ja&gl=JP&ceid=JP%3Aja

4000人であれば大きな被害ではないように見えますが、日本の人口に置き換えると56000人の方が亡くなっている計算になります。
アメリカであれば14万6千人となり、現在の死亡者数10万8千人を大きく上回っています。
これは大惨事です。

そもそも犠牲は覚悟の上の施策だったはず。
「改善の余地がある」と自責させたのは肝心の集団免疫が獲得できていなかったのです。
ウイルスの抗体保有率は7.3%。
目標の80%には程遠い。
つまり国を上げての試みは失敗に終わったということです。

残念ながら集団免疫はそうそう簡単に獲得できるものではなかったようです。
そしてノーガードといえども一番守らなければっならない高齢者施設が手薄だったことも後手に回りました。
このやり方でも高齢者施設や病院は完全に切り離して守る必要がありましたね。
ウイルス保有者が普通に生活しているわけですからロックダウンをしている国よりも強固にしなくてはいけません。
そこが改善の余地なのでしょう。

毒性が強くなりすぎて今のコロナウイルス株では「風邪は人にうつせば治る」というレベルではなくなっているのかもしれませんね。

日本でも抗体検査が始まりましたがあまり期待しないほうが良さそうです。
個人的にもとても残念です。
ますますワクチン頼みになってきましたね。

それを踏まえて怖いのがスウェーデンと同じ路線を突き進む人口2億人のブラジル。
既に32000人の方が亡くなっていますが現在も感染拡大期真っ只中です。
「ただの風邪だ」の大統領はこのままゴリ押しするつもりです。
かなり危険な状態ですね。

不可解なまでに被害が少ない「アジアの謎」が早く解明されると良いのですが。

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

貧乏食
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より

コメント