炊飯器がない 貧乏だからではない オシャレでもない

ポトフとご飯 私の話

もう数十年前からでしょうか、私は炊飯器を使っていません。
炊飯器、安上がりな自炊をするには必要不可欠な家電です。
どうして使わなくなったのか思い出してみましょう。

 

米は鍋で炊くのがオシャレ?

文化鍋

若かりし日、私も例にもれず意識高い系に憧れていた時期がありました。

そしてどこぞのハイソな雑誌にうまく載せられ衝動的に文化鍋を購入。
買ったのは伊勢丹だったかな?
当時は「鍋でご飯を炊いちゃうオレ、超カッコいい!」と思ったのでした。
まさかその後に「炊飯器が買えず、ご飯を鍋で炊くほど貧乏」としかとられない状況になるとも知らずに。
とほほ・・・

 

文化鍋でご飯を炊く

キッカケはどうであれ、今ではすっかり上手に炊けるように。

中火で10分で沸騰が始まるように。
その後は強火で泡に汁気がなくなったら火を止めて15分蒸らす。

炊き上がるとこんな感じ。

文化鍋で炊いたご飯

 

米は3.5合、これが8食分になります。
いつも炊けるだけ炊いて残りは冷凍に。

冷凍前のご飯

レンジ3分半で熱々のご飯が食べられる。
幸せ。

 

 

文化鍋には大きな欠点がある

ただ大きな欠点が一つ。
とにかくレンジが汚れる。

沸騰が始まると蓋の上まで泡が吹き出して鍋の回りに滴を飛ばします。

炊飯中の文化鍋

蓋にフキンをかけてもよいのですが、蓋の上まで吹き出した水を再度ご飯に吸わせるという仕組みなのでためらってしまいます。

おかげて数回掃除をサボるとこの有様。

炊飯で汚れたレンジ

汚い!
直後はドロドロ、乾くとパリパリ。
どっちにしても拭くだけではキレイに落ちません。

掃除が面倒。

レンジの掃除

炊飯のたびにレンジの掃除が必要なら炊飯器買ったほうがいいのでは?
と思うこと数十年。

やっぱり意識高い系にはなれないっすね、私は。

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

私の話
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より