今日の貧乏食(2021/9/14)

豚バラの甘辛炒め貧乏食

私が暮らしている地域では夏から秋にかけて総合体育大会というイベントが開催されていました。
国体の縮小版のような構成の地域の運動会ですね。
もちろん去年はコロナで中止。
今年はというと一部競技のみ開催。
各協会に開催可否の判断を任された結果、今年は野外で接触の少ない競技のみ開催という流れになったようです。

そういえば運動会シーズンですが近くの小学校で練習している様子がありませんね。
いつもならしつこいくらい「WAになっておどろう」が聞こえてくるのですが(笑)
残念ながらこちらも中止となったようです。

 

 

朝食

力うどん

力うどん

うどんに焼いた餅を乗せた力(ちから)うどん。
関西では「かちんうどん」と呼ばれるらしい。
麺類は麺や出汁だけでなく具の構成も地域性があって面白い。
コロナが落ち着いたらまた食べ歩きしたいですね。

 

昼食

変なもの見つけた。
石川県ではおなじみとり野菜みそ。
の野菜餃子……のスープ付き???
なんだろコレは。
思わず買ってみた。

とり野菜みそ野菜餃子スープ付き

とり野菜みそは味噌に調味料やスパイスを練り込んだ調味味噌です。
肉と野菜に加えるだけで美味しい鍋が簡単に作れます。

でこのブツは……餃子が12個とスープの小袋が1つ。
どうやら餃子スープらしい。

餃子スープ

肉野菜餃子スープ

肉と野菜を放り込んで餃子入り肉野菜味噌スープに。
スープが美味しいのでご飯がすすみます。
残りの半分は明日の朝食にしましょう。

 

夕食

豚バラの甘辛炒め

豚バラの甘辛炒め

固く締まった肉が食べたい。
ので野菜と炒めずに肉だけ砂糖/日本酒/醤油/一味で焼き煮詰める。
肉をキャベツに挟んでシャクシャク食べるとビールによく合うおつまみに。

 

 

最近、昼の配達 → ランニング → 夜の配達という生活パターンが続いています。
程よい疲れが溜まるせいか深夜に目が覚めることもなくなり朝6時頃までぐっすり。
ここまでは良い傾向なのですが、朝起きると喉がひどく痛む。
確実にいびきをかいていますね。

脳卒中ワンナウトな私的には無呼吸症候群で就寝中に血圧が暴れるのが怖い。
寝る際には肩まで枕に乗せて気道を確保するも、起きる頃には会釈をするように頭が下を向いて喉が圧迫されています。
枕が高すぎるのだろうな。
安物ベッドがフレームごと人の形に凹んでしまっているのも原因だろうけど(笑)

まずは枕変えてみましょう。
ダメならベッドも。
ケチってあの世行きじゃ悲しすぎる。

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

貧乏食
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より

コメント