今日の貧乏食(2020/12/29)

角煮貧乏食

貧困団地周辺、大掃除の頃になると増えるのが粗大ごみの不法投棄。
深夜に車で乗り付けて捨てていくのです。
団地のゴミ収集所、植木の隙間、河原・・・。
監視カメラなんて文明の利器がないので捨て放題なんです。

昔この地域には警察も寄り付かない荒れた地区があり、そこで生業を立てていた人が多く住んでいます。
親の「当たり前」で子供は育ち、次の世代もがさつになる。
こうして今も周辺地区よりがさつな家族が多いのです。
それでも少しづつ治安は改善しているので、あと数世代か越すと直るのかもしれないけど。

 

 

朝食

ミートドリア

ミートドリア

レンジでミートドリア。

冷凍ご飯をレンチン。
皿に広げてバターのせレンチン。
胡椒ガリガリして混ぜておく。
レトルトミートソースの残りをレンチン。
バターライスにのせてチーズどっさり、でレンチン。
最後にガスバーナーで焦がしてパセリ。

ミートドリア

美味い!

 

 

昼食

牛丼

牛丼

牛肉が少しだけ余っていたので牛丼。
少し煮詰めすぎたかな。
でもそれもまた良い。

 

夕食

肉まん

肉まん

夕方から配達稼働するも暇。
やはり自転車配達員が目につく時間帯はダメですね。

21時からようやく忙しくなる。

 

角煮

角煮

また深夜1時前に帰宅。
その時間から1時間かけて角煮を煮詰める。
深夜2時から乾杯!

焦げ目つけ過ぎ&下茹が1時間と短かったので少し固め。
まあ酒のつまみなのでいいっしょ。

 

 

今晩の配達でちょっと変わったトラブルが。

時刻は23時半、配達時間はあと30分。
ピックアップでとあるお店に到着するとお客様より電話が。
「住所を間違えた」とのこと。
新しい住所を聞くと・・・40km先!?
通常では直線距離でも3.5km程度のお店しか注文できないはず。
4~5kmでロングドロップと言われているのに40km?
もしこれを配達すると帰宅が深夜3時になってしまいます。
ナニカがおかしい。
お客様には「配達距離が異常です、サポートへ相談してください」と伝える。

私もサポートへ連絡すると、お客様が現在地を間違えて注文したらしい。
ではどう対応すればいいのかを問うと、

料理を持って指定された(間違った)住所へ行き、お客様に「取りに来て」と電話をしてから10分タイマーを作動。
当然お客様は取りにこれないので、10分後に「お客様不在」でキャンセルしろ、と。
お客様には支払いの義務が発生し料理は届かない。
料理は私が廃棄する(食べてもOK)。

いやいやそれは酷だろうて。
そんな仕打ちをしなければならないなら、この案件キャンセルしますよ。
料理を受け取る前なので「受けキャン」ですが、そうすると別の配達員が呼ばれます。
その方も困りますよね?
とサポートへ問いただすも「そういう決まりなので」とのこと。

そんなこんなでギャーギャーやっているとスマホに「キャンセルされました」との通知が。
お客様が先にキャンセルしてくれたようです。
おそらく「お客様の注文ミス」として支払いは発生しているのでしょう。

だから注文時に「お届け先はこの住所/座標で本当によろしいですか?」的な再確認をすべきなんですよね。
たったそれだけで住所無し/住所間違い/建物名部屋番号無しも全て解決できるのに。

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

貧乏食
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より

コメント