「配達員減りすぎ問題発生」+60,807円(2020/12/20 UberEats配達週報)

20201220UberEats週報フードデリバリー

今週は休みなし。
スクーターの故障で貯金が大幅に減ってしまったこともあるのですが、比較的稼ぎやすくなったので「稼げるときに稼ぐ」を実践しています。
いずれまたナニをしても稼げない時期が来るだろうしね。

 

 

今週の売上げ

20201220UberEats週報

売上:60,807円
オンライン時間:42時間42分
配達回数:108回
1回平均:563円
参考時給:1,424円
累計売上:989,047円(2020/06/29より)

※日跨ぎクエ込みのため、1回売上げ/時給は参考値)

週給6万円。
頑張りました。

今週も夜間をメインにして密度が濃い配達ができました。
クエスト/チップを抜いた純粋な売り上げで見ると売り上げ時給は1,166円で2.5件/h。
なかなかの出来栄えです。

やはり夜後半の夜食が安定するなぁ・・・と思っていたのですが週後半に少し変化が。
「配達員が減って忙しい」を通り越して「配達員不足で注文規制」なことが増えたのです。

忙しかったのにピタッと配達依頼が止まる。
不審に思い調べてみると強めの注文規制が入っており撤収。
夜間に配達員が帰宅するともう出てきません。
規制が入ったまま営業時間が終わるのです。

日曜日の夜もたびたびブラックアウト、つまり全注文停止になるなど極めて不安定。
注文が増え過ぎ/配達員が減り過ぎということでしょう。
私は駅前でぽつんと待機。
ああ、需要はあるのに、配達できるのに、もったいない。

21時以降の夜食時間最強!!ではなくなりましたね。
ただ、今まで配達員が多すぎて連続して依頼が来なかった昼と夜前半、つまり昼食夕食の時間帯が少し忙しくなってきました。
どうやら稼働時間帯を変えたほうが良さそうです。
年末年始もどうなるか分かりませんが、様子を見ながら臨機応変に対応していきましょう。

 

コメント