今日の貧乏食(2020/10/29)

タンメン貧乏食

また疲れが溜まってきました。
運転中にも生あくびが。
一息つくと眠い。
コテンと寝てしまいそうです。

今月は残すところあと2日。
もう一踏ん張りですね!

 

 

朝食

薄皮 レーズンカスタードクリーム

薄皮 レーズンカスタードクリーム

たまの甘いもの、美味しい。
レーズンはなくてもよかったかな。

 

昼食

タンメン

タンメン

サッポロ一番塩ラーメンでタンメン。
具をシッカリ作ると麺の弱さが気になります。
インスタントはもっと雑に作ったほうが美味しいですね。

 

夕食

豚汁

豚汁

配達終了は23時半。
寒い!

残っていた豚汁に餅投入。
煮詰まった豚汁もまた美味しい。

 

ソーセージのミートソースかけ

ソーセージのミートソースかけ

冷蔵庫にあるものでおつまみ追加。

 

 

配達は今日もいろいろありました。

まずは、お店と配達先が同じビル。
1階から3階まで階段を駆け上がって配達完了。
歴代最短距離の100mです。

20201029UberEats同じビルへの配達

テイクアウトの待ち時間が嫌なのでデリバリーを頼むというヤツですかね。

マクドナルドでもカウンターの大行列に割り込むためにUberEatsに頼み、お店の近くで受け取るなんてこともあるようです。

 

次は外国人宅へ大量のフライドポテトを配達。
扉が開くとたくさんの笑い声が聞こえてきます。
ハロウィンパーティーの真っ最中でした。
お祭りだからでしょうか、チップは豪快に1,000円!!
過去最高額です。

20201029UberEatsチップ1000円

 

やはり欧米の方からはチップが多いですね。
配達先の名前が欧米っぽいとこっそり期待していたりして。

 

そして・・・、今日も強烈に鳴らんねぇ(笑)
チップ1,000円を抜くと、9時間44分オンラインで3,711円。

20201029UberEats日報

時給に換算すると381円!
40年前のバイトかよって(笑)

・待ち時間は「待機」ではなく「仕事/家事/勉強/遊び」など有意義に使う。
・1件(約500円弱)を30分以内でこなせる仕事のみを受ける。

閑散期はこの2点を徹底しないと超絶な低賃金労働になってしまいます。
「ギグワークは最低時給を大きく下回る賃金で人を雇える裏技的な仕組み」とも言われています。
そうなるのは使われる側が考えて行動しないからです。

バイトではなく個人事業主、つまり一人会社の社長さんなのですから自分で切り盛りしないといけません。

私達日本人は「働く=雇われる」と刷り込まれています。
若い方々がギグワークをきっかけにその「世間の常識」を打破できれば面白い時代が来る、私はそう思うのです。

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

貧乏食
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より

コメント