今日の貧乏食(2021/6/12)

回鍋肉貧乏食

新車スクーターの納車を月曜日に変更していただきました。
車両切り替え処理でしばらく収入がなくなるので今週は配達に集中しています。
もうひと踏ん張り。

来週は梅雨入りしてどのみち配達できないやんラッキー、というストーリーを描いていたのですが、雨が降るのは月曜日だけみたい。
降るの納車日だけかい!アンラッキー!(笑)

 

 

朝食

牛しぐれ煮

牛しぐれ煮

しぐれ煮というか佃煮ですね。
これが昨日の松屋の牛めしの具です。

牛しぐれ煮

松屋のつゆだく牛めしの具に紅生姜を一袋投入し、くつくつ15分ほど煮込んで出来上がり。
あら簡単!
玉ねぎで甘めの佃煮となりました。
御飯の友に/お弁当に/お酒のおつまみにと便利に使えそうです。
牛丼/牛めしはこんな使い方もあるということで。

 

昼食

タルタルフィッシュバーガー

タルタルフィッシュバーガー

土曜日だというのに昼の配達は今ひとつ繋がらない。
スキを見てエネルギーと水分を補充。

 

タルタルチキン南蛮弁当

タルタルチキン南蛮弁当

夕方に切り上げて昼食を。
ファミリーマートのタルタルチキン南蛮を。
同じの食べなかったっけ?
最近はタルタルの弁当を選びがち。

 

夕食

回鍋肉の素

遅くまで配達するも今日の1万5千円チャレンジは失敗。
売上げ13600円也。
昼間のスカスカっぷりが最後まで響いたね。

さて弁当でも、とは思ったが今日は昼に弁当食べたんだった。
じゃあコイツにしてみよう。
キャベツがあればすぐにできるらしい。

出来上がりがコチラ。

回鍋肉

回鍋肉

キャベツだけではなくネギとピーマンも投入。
パッケージの作り方は具材を炒めて一旦取り出す「回す回鍋肉」
これはすぐには出来ないぞ(笑)
ここまでしっかり作るならチルド特有のボソボソ肉が残念。
気持ち厚めの薄切り豚バラを投入したくなりますね。

結論、徹底的に手を抜かないのであればちゃんと作ろう!

 

 

今日も配達の話。
配達エリアの縁だった地元ですが、この春から周囲の地域も対象エリアとなりました。
注文数が増えるので本来であれば喜ぶべきことなのですが、いろいろと連鎖的に問題が。

既に何度か書いていますが、まず単価が安い。
同じ時間帯のマクドナルドでも報酬が2/3程度。

UberEats単価格差

18分(3.3km)で333円:時給換算1,110円
12分(1.0km)で325円:時給換算1,625円

この時給換算は配達が途切れなく連続して続いた場合の最大値ですので、実際は6~7割程度になります。
つまり安い地域だけで稼働すると実際の時給は600~800円になるのでは。

これによりその地域から配達員が逃げる。
そのためロングピックアップになりがち。
安い単価で拘束時間が長い配達となり配達員がさらに避ける。

そうこうしているうちに注文が通ってもなかなか配達されない案件「熟成」となり、そんな配達を掴んでしまうと受け渡し時に怒られる。
今日もお届け先に到着するも「あまりに遅いので出かけました」という案件があったり。
怒りはUberEatsではなく直接配達員に向けられるのです。

安い、遠い、責められるの負の三拍子。
申し訳ないのですが現時点では新エリアでの稼働は避けたほうが良いというのが私の結論です。
UberEatsはマッチングアプリですので、お店/お客様/配達員の三者が納得したときにマッチングが成立するのが原則です。
心苦しいですが時間雇用とは異なる働き方なのでこういった問題もつきまといます。

単価格差の境界にいなければこんな問題は起きないでしょう。
なのでUberEatsの極一部で起きている現象です。
UberEatsが気づいて是正するまでこの状態が続くのではないでしょうか。
というか早く気づいて!

 

↓↓↓ ブログランキングの応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

貧乏食
スポンサーリンク
シェアする
終末の団地より

コメント